木製カトラリーを長くしようするためには

丁寧に扱おう

手洗いをする際のポイント

食洗機を使用を控えることがオススメの木製カトラリー。手洗いをする際には中性洗剤を使用し、他の食器と同様の洗い方で構いません。
しかし、木製カトラリーを手洗いする際にはいくつかのポイントがあります。ここではそれらのポイントについてご説明いたします。

まず強い力で洗わないということがポイントとなります。強い力で洗ってしまうと木製でできているため傷が入ってしまったり光沢が無くなってしまう可能性があります。また固いスポンジなどを使用して洗った場合も同様の問題が生じる恐れがあります。そのため木製カトラリーを洗う際には柔らかいスポンジを使用し、軽い力で洗うように心がけましょう。
次に使用後はすぐに洗うようにしましょう。使用後に長時間の放置をしてしまうとシミになったりしてしまう可能性があります。

冷蔵庫での置き忘れ

木製カトラリーは手入れの際だけ注意するのではなく普段のカトラリーを使用する際にも注意しなければならない点があります。
ここでは通常の使用時の注意点についてご説明いたします。

まず冷蔵庫での長時間の放置には気をつけるようにしましょう。「うっかり冷蔵庫に置き忘れてしまった」や「つい他の事に気を取られていた」などの理由より木製カトラリーを冷蔵庫の中で長時間放置し続けてしまいますと冷蔵庫の温度が低いため、時間が経つと共に乾燥していってしまいます。木製カトラリーが冷蔵庫の中で乾燥し続けてしまうと最終的には割れてしまうといった恐れがあります。

木製カトラリーを長期間に渡り使い続けたい場合には置き忘れなどには十分に日頃から気をつけるように心がけましょう。