木製カトラリーを長くしようするためには

どのオイルを使用する?

手入れ方法について

ここからは木製カトラリーの手入れ方法についてご説明いたします。木製カトラリーは使用頻度が多くなるにつれて艶が無くなってきたり色褪せてくることがあります。
こうした際に木製食器用のオイルにて手入れをされますことをオススメいたします。木製食器用のオイルを使用して手入れをすることにより汚れを落としやすくなるなどの効果が期待できます。

手入れ方法といたしましてはまず、オイルを塗る前にペーパーにて木製カトラリーをしっかりと拭くようにしましょう。木製カトラリーについている汚れなどもこの際にしっかりと拭き取りましょう。その後ウエスなどを使用し、木製カトラリーの全体にオイルを塗っていくようにしましょう。
オイルを全体に塗ることができましたらペーパーにて乾拭きを行い風通しの良い場所にて乾燥させましょう。

使用するオイルは?

次に木製カトラリーの手入れを行う際のオイルといたしましてはオリーブオイル、アマニ油、クルミ油、えごま油などを使用しましょう。中でもオイルでの手入れ後に木製カトラリーを早く乾かしたい方は比較的、乾きやすいクルミ油やえごま油といったような乾性の油を使用されますことをオススメいたします。
オイルは塗り過ぎてしまいますと乾きが悪くなるため薄らと塗るように心がけましょう。

傷がひどいといったような場合にはサンドペーパーを使用して磨くようにしましょう。また、サンドペーパーにて傷のひどい部分を磨く作業はオイルにて手入れをする前に行うようにしましょう。
使用されますサンドペーパーは目の大きいペーパーではなく目の細かいペーパーを使用するようにいたしましょう。